カートゥーン ネットワーク Wiki
Advertisement

ファンタスティック・フォー』(The Fantastic Four、略称はFF)は、マーベル・コミック刊行のアメリカン・コミックスに登場するヒーローチームである。また、彼らが登場するコミック、アニメ、映画のタイトルにも使われている。

『スパイダーマン』、『X-メン』などと並ぶマーベル・コミックの基幹タイトルのひとつである。

概要[]

スタン・リージャック・カービーによって創造され、『Fantastic Four #1』(1961年)でデビューした。アメリカのコミック史上初のチームとして誕生したスーパーヒーロー・チームである(個別のヒーローが集まったチームは既に存在した)。自分たちの正体や活動内容(非営利のヒーロー活動)を公表している。同じく超人的能力を持つミュータントとは異なり、セレブヒーローのような扱いを受け、アメリカ政府や一般人からの支持も高い。

日本では1978年に光文社から日本語版コミックが初出版された。

オリジン[]

自家製ロケットによる宇宙飛行中に未知の宇宙線を浴びた四人の若者(リード、スーザン、ジョニー、ベン)は、その影響で超能力を獲得した。地球に帰還した彼らはその能力を正義のために使うことを決意し、ニューヨークに本拠基地を設置。四人は各々の超能力と、リーダーとなったリード(ミスター・ファンタスティック)が開発したさまざまな超発明を武器にして、地球を脅かす様々な悪と戦い続ける(非営利団体)。チームのシンボルマークは④(○に4)。

メンバー[]

構成メンバーが一時的に変わることもあるが、通常は以下の四人で構成される。

ミスター・ファンタスティック (Mr.Fantastic)
本名:リード・リチャーズ(Reed Richards)
チームのリーダーで、天才的な科学者。身体をゴムのように自在に伸び縮みさせることができる。常に冷静沈着で理性的。ゆえに、感情的になったメンバーと衝突することもある。ドクター・ドゥームとは大学の同級生であった。
インヴィジブル・ウーマン(The Invisible Woman)
本名:スーザン(スー)・リチャーズ(Susan “Sue” Richards)
リードの妻で、ジョニーの実姉。テレキネシス、テレパシーなどの他に、自分の身体を透明化することができ、透明なエネルギーシールドをつくることもできる。チームのサブリーダーで、現在は二児の母となっている。初期はインヴィジブル・ガールと名乗っていた。
ヒューマン・トーチ(The Human Torch)
本名:ジョニー・ストーム(Johnny Storm)
スーザンの弟。全身を高熱の火炎で包み、空を飛ぶことができる。両手から高熱火炎のファイア・ブラストを放つ。ベン(ザ・シング)とは良いケンカ友達。初期のころはスパイダーマンやX-メンのアイスマンとは、ティーンエイジャーヒーロー仲間だった。
ヒューマン・トーチという名のヒーローはジョニーで二代目であり、初代は第二次世界大戦中にヒーローチーム「インベーダーズ」としてキャプテン・アメリカ達と共に戦ったアンドロイドである。能力自体は、全く同じ。
ザ・シング(The Thing)
本名:ベンジャミン(ベン)・ジェイコブ・グリム(Benjamin “Ben” Jacob Grimm)
ゴツゴツしたオレンジ色の岩のような身体を持ち、無類の頑丈さと怪力の持ち主。無口でぶっきらぼうだが心優しい巨人。元空軍のテストパイロットの宇宙飛行士。リード夫妻とは大学時代からの友人。ゲルという異名もある。
他の3人とは違い人間の姿に戻ることは出来ず、自分の醜い風貌に深く悩んでいたが、アリシアとの出会いから、その悩みを克服した。戦闘開始の雄叫びは「さあ、ぶっつぶしてやるぜ!」といった意味の英語の台詞(日本語訳で放送されたアニメ『宇宙忍者ゴームズ』(後述)では「ムッシュムラムラ!」)。ハルクと正面切って殴り合えるほどのパワーを持っている。
リードとスーザンの子供達
フランクリン(Franklin)
本名:フランクリン・リチャーズ(Franklin Richards)
リードとスーザンの間に生まれた息子。大変な難産であったが、生まれてきた彼をメンバー全員が祝福し、ベンが名付け親となった。彼はミュータントである(リードとスーは後天的に能力を得た元常人でありミュータントではない)。正式メンバーではないものの強力なテレキネシスを使え、超人的能力を持った二人の間に生まれた子供だけあって、その潜在的能力は計り知れないものがある。
母(スーザン)が流産した子を平行世界で新生させたり、オンスロート事件で犠牲となったヒーロー達を異次元に創りそこに新生(「ヒーローズ・リボーン」)させ、そこからヒーロー達が帰還する(「ヒーローズ・リターン」)架け橋ともなった。あまりに絶大であるその能力をオンスロートに狙われ吸収されたり、危険視したケーブルとアポカリプスにつけ狙われたり、復活したオンスロートに襲われたりした。マーベル・ユニバースの20年後のIfを描いたMC2では、FFのチーム名をファンタスィック・ファイブと改名してサイロードの名で正式メンバーとして活躍している。
ヴァレリア(Valeria)
本名:ヴァレリア・リチャーズ(Valeria Richards)
初登場時はヴァレリア・フォン・ドゥームという名前とマーブル・ガールというコードネームを名乗り、ドクター・ドゥームの娘であると自称していた。FFのコスチュームとドゥームの甲冑の一部を身につけたいでたちの金髪の少女。しかし、その正体は流産したリードとスーザンの子供を、フランクリンが別世界に送りそこで生まれた彼女が成長し、時間を遡った元の世界へ戻ってきた姿である。そのため、兄であるフランクリンより年上になってしまっていた。別世界では、リードがドクター・ドゥームを名乗っていたためフォン・ドゥームの姓を自称していたのだが、後のスーザンの流産した娘である事を自ら明かす。
平行世界の破滅を狙う敵を打ち倒した際の世界再生の影響を受けて肉体が消滅し、再びスーザンの胎内へ宿る形で新生を果たす。出産は、フランクリンの時と同じく非常に難産ではあったが、ドゥームの協力を受けて無事に生まれることができた。その際、リードが協力してくれたドゥームに娘の命名権を譲り、ドゥームの初恋の相手であった少女からとって、ヴァレリアと名づけられた。マーベル・ガールとしての能力は、スーザンの能力と同じフォースフィールドの形成(透明化はできない)と、平行世界から現代へ飛んできた時間と空間の操作、そしてある程度のサイコキネシス。子供の状態で、これらの能力の発動は今のところ見られていない。
  • スパイダーマンデアデビルハルクX-メンウルヴァリン、アントマンなどのスーパーヒーローたちとも交友が深く、それぞれ臨時メンバーとしてFFチームに参加したこともある。現在、シビル・ウォーで夫婦間にできた溝を埋めるためにリードとスーザンが一時的にチームを離れ、その間ブラックパンサーストームの夫妻が代役を務めた。

代表的な友人[]

シルバーサーファー(Silver Surfer)
本名:ノリン・ラッド(Norrin Radd)
デネブ星系の惑星ゼン・ラの出身。高度に文明が発達したせいで戦争もなくなり、戦う術を持たない自分の母星がギャラクタスに捕食されそうになった際に、ギャラクタスのヘラルド(先触れ)となり、捕食できる星を探すという奉仕を申し出、惑星の助命を勝ち取った。地球を発見し、ギャラクタスのエネルギーとされるところだったがアリシアとの接触で地球人の心に触れ、地球の助命をもギャラクタスに懇願するも決裂。FFの働きによりギャラクタスは撤退するも、その際宇宙を飛び回る力を奪われ、地球にとじこめられてしまう。ギャラクタスのパワーを受けたその身体は全身が輝く銀色の皮膚で覆われ、同じく白銀のサーフボードで宇宙空間を渡る。コズミック・パワーを駆使する、高貴な魂を持つヒーロー。
ネイモア・ザ・サブマリナー(Namor the Sub-Mariner)
海底人類。水没したアトランティスの王子。リードとはスーをめぐる恋敵でもあった。
シーハルク(She Hulk)
本名:ジェニファー・スー・ウォルターズ(Jennifer Sue Walters)
従兄弟であるハルクの血液を輸血したことで緑の肌と怪力を得た。本業は弁護士。アベンジャーズ所属の女性ヒーロー。
ブラック・パンサー(Black Panther)
本名:ティチャラ(T'Challa)
アフリカの小国ワカンダの王。史上初の黒人ヒーロー。
X-メンのストームと結婚し、シビル・ウォーの後活動を休止したリードとスーザンの代わりにチームメンバーを務めた。
ウォッチャー(Watcher)
本名:ウアトゥ(Uatu)
全宇宙の全事象を観察することのみを使命とする超種族「ウォッチャー」の一員で、地球を観察地域に指定されている。月面の基地に住み、本来は無干渉でなければならない筈だがFFにはかなり世話を焼いている。
アリシア・マスターズ(Alicia Masters)
盲目の女性彫刻家。ベンの恋人。
アガサ・ハークネス(Agatha Harkness)
強大な力を持つ魔女。スカーレットウィッチの師匠でもある。
ナサニエル・リチャーズ(Nathaniel Richards)
リードの父親であり、彼に負けず劣らない偉大な科学者でもある。タイムマシンを発明し、30世紀の未来へ行って様々荒廃した世界を復興した。FFの敵に回ったこともある。
ウィリー・ランプキン(Willie Lumpkin)
白い口ひげで丸メガネをかけたFFの馴染みの老郵便配達夫。特に超能力等は持たない一般人だが、1963年発行のFF#11から登場する古参キャラクター。

臨時メンバー[]

パニッシャー(Punisher)
一時期、FFのメンバー(臨時メンバー)に加わったことがある。
ゴーストライダー(Ghost Rider)
一時期、FFのメンバー(臨時メンバー)に加わったことがある。
デアデビル(Daredevil)
ニューヨークのクライムファイター(=犯罪者退治専門のヒーロー)。一時期、FFのメンバー(臨時メンバー)に加わったことがある。デアデビルの正体は、マット・マードックという盲目の弁護士であり、その仕事上のパートナーであるフォギー・ネルソンは、FFの顧問弁護士を務めた。
スパイダーマン(Spider-Man)
ピーターに寄生した宇宙生物(のちのヴェノム)を分離させるなど、スパイダーマンがリードの科学力に世話になることが多い。一時期、FFに臨時メンバーとして加わったことがある。現在のストーリーラインにおいても、戦死したヒューマントーチの代わりとしてチーム入りした(その際のコスチュームは白いもので、チーム名も”フューチャー・ファウンデーション”となっている)。

他のヒーローチーム[]

インヒューマンズ(Inhumans)
月面の居住地に住む超人類。リーダーはブラックボルト。インヒューマンの女性クリスタルは、ジョニーの恋人であったが、のちにミュータントでマグニートーの息子クイックシルバーの妻となる。
アヴェンジャーズ(Avengers)
キャプテン・アメリカを始めとするヒーローチーム。特にミスター・ファンタスティックは同じ科学者であるアイアンマンやアントマンとの親交が深い。
ディフェンダーズ(Defenders)
アヴェンジャーズと並ぶほどのビッグヒーローチーム。ドクター・ストレンジが次元クラスの災厄から人々を守るために設立したチームで、ストレンジの空間を移動する魔法を使って神出鬼没に現れる。FFとは、様々な場面で共闘することが多い。
ドクター・ストレンジ (Doctor Strange)
本名:スティーブン・ヴィンセント・ストレンジ
世界最高の魔術師。FFの拠り所である科学の対極に位置するが、それゆえに互いを認め合う友人である。

代表的な悪役(ヴィラン)[]

ドクター・ドゥーム(Doctor Doom)
本名:ヴィクター・フォン・ドゥーム(Victor von Doom)
東欧の小国「ラトベリア」の専制君主。甲冑と鉄仮面に身を包み、超科学を駆使する。リードの大学の同級生で、彼と並ぶ天才科学者。過剰すぎるほどの完璧主義者であり、学生時代にリードが指摘したミスを認めず事故を起こして傷を負ったのを、リードの所為であると逆恨みし、彼を深く憎んでいる。事故で傷ついた顔を隠し人を捨て過去の自分との決別するために、二度と外せぬ仮面をつける意味で自ら真っ赤に焼けた鉄仮面を被った。そのため、仮面の下の素顔は焼け爛れてしまっている。
基本的にはFFの敵だが、自身との戦いで生死不明となったリードをスーザンからの依頼で探すのを手伝ったり、スーザンがヴァレリアを出産する際も難産であったためにそれを助けたりしている。また、「インフィニティ・ガントレット」や「オンスロート」等のクロスオーバー時にも、裏に策略を秘めながらもヒーロー達と共闘していた。9.11同時多発テロでは、グラウンド・ゼロ地点で救出作業をするヒーロー達のバックで涙する姿が描かれている。
ギャラクタス(Galactus)
「ビッグバン以前の宇宙」の生き残り。何百億年も宇宙を彷徨し、惑星を喰い続けるコズミック・ビーイング。その能力はほぼ無限大であり、「マーベル・ユニバースの破壊神」「宇宙魔神」と呼ばれている。唯一の弱点は、常に飢えに悩まされ、それをコントロールできないこと。
通常は鎧を身に着けた巨人のような姿をしている。しかしその実体は純粋なエネルギー体であるためどんな姿になることもできる。
地球人および宇宙のあらゆる知的生命にとっての脅威ではあるが、「インフィニティ・ガントレット」や「マーベル VS DC」のように、宇宙全体が危機に陥るような事態が発生すると、ヒーロー達の戦列に加わることもある。
善悪を超越した存在であり、人間を含む生命の象徴と言える存在として描かれることもある。彼には地球人やその他の捕食対象の惑星に住む生物に対して慈悲の心はないが、それは人間が他の生物を食べることとなんら変わりはない。
アニヒラス(Annihilus)
異次元世界「ネガティブゾーン」の支配者の一人。邪悪な昆虫人。ネガティブゾーンを侵食するこちらの宇宙の拡大を止めるため、絶滅戦争「アニヒレーション・ウェーブ」を引き起こし、数百億の生命を抹殺した。しかし、ギャラクタスとそのヘラルドであるシルバーサーファー、ノヴァ、ドラックス・ザ・デストロイヤー、ロナン・ザ・アキューザー、スーパー・スクラルなどの連合軍によって辛くも食い止められる(2006年のコズミック系クロスオーバー、「アニヒレーション」事件)。
ブラスター(Blastaar)
異次元世界「ネガティブゾーン」の支配者の一人。両手から破壊エネルギーのブラストを放つ。
征服者カーン(Kang the Conqueror)
本名:ナサニエル・リチャーズ(Nathaniel Richards)
30世紀の未来からやってきた、時間と平行世界を行き来する犯罪者。アベンジャーズとも因縁が深い(元々、キャプテン・アメリカのヴィランであるため)。
リードの父と同じ名前だが、世界を救った英雄であるナサニエルに習って名づけられただけで、同一人物ではない。ドクター・ドゥームあるいはリチャーズ家どちらかの子孫ではないかと示唆されている。ドクター・ドゥームと出会ったことから彼に影響を受け、鎧と仮面をつけている。
先祖が開発したというタイムマシンで古代エジプトに漂着、現地での彼の行動は一人の奴隷青年を史上最強のミュータントの一人であるアポカリプスとして目覚めさせてしまう。
サイコマン(Psycho-Man)
微小宇宙「マイクロヴァース」の支配者の一人。人間の感情を遠隔操作できるマシンを持つ。
スクラル人 (Skrull)
変身能力を持つ。緑色の肌ととがった耳を持つ宇宙列強種族のひとつ。
スーパースクラル(Super-Skrull)
ファンタスティック・フォー4人の能力を一人で併せ持っている。本名はクラート。
ライジャ
恋人だったペイボックによって地球に送られ、ベンの恋人であるアリシアに化けてスパイ活動をしようとしていたが、本当にジョニーを愛してしまい結婚までした。しかし、その事を自ら打ち明け最終的にジョニーをペイボックの攻撃から庇い死亡した。
オンスロート(Onslaught)
マーベル・ユニバース全体を巻き込んだ一大クロスオーバー「オンスロート」事件の元凶。X-メンの指導者であるプロフェッサーXの暗黒面が、宿敵であり旧友でもあるマグニートー(後述)の能力を吸収して暴走したもの。リード家の一人息子フランクリンの持つ能力を狙い、彼を拉致する。
モールマン(Mole Man)
地底人モールピープルを率いる短躯の悪人。ファンタスティック・フォーが最初に戦った敵である。
パペット・マスター(Puppet Master)
特殊な粘土を用いてターゲットとなる人物の人形を作り、自在に操る男。ベンの恋人アリシア・マスターズの父親で、後に更生しファンタスティック・フォーの友人となる。
インポッシブル・マン(Impossible Man)
惑星Poppupから来た、緑の肌をしたとんがり頭の異星人。何にでも変形でき、騒動の種となる。
マグニートー(Magneto)
通称は磁界の帝王。電磁力を操るミュータントで、X-メンの宿敵。スーザンを誘拐し、サブマリナーとファンタスティック・フォーを同士討ちさせようとした(当初はセコい悪役だった)。

アニメ[]

宇宙忍者ゴームズ[]

The Fantastic Four』は、1967年から1968年にかけてアメリカABCで放送されたテレビアニメシリーズ。全20話。製作はハンナ・バーベラ・プロダクション

日本では、『宇宙忍者ゴームズ』の邦題にてNET系(1969年~)で放送された。後に、CSのカートゥーン ネットワークで放送されている。日本語版制作は高桑慎一郎。

キャラクター[]

カッコ内は、英語版オリジナルネーム。

ゴームズ(Mr.Fantastic)
- 小林修/英 - ジェラルド・ムーア
名前の由来は、体が伸び縮みする=ゴム人間であり、名探偵ホームズのように頭がいいから。
スージー(The Invisible Woman)
声 - 増山江威子/英 - ジョー・アン・フラグ
英名Susanの愛称である、Susie/Suzyより。
ファイヤーボーイ(The Human Torch)
声 - 前川功人/英 - ジャック・フランダース
名前の由来は、火+BOY。
ガンロック(The Thing)
声 - 関敬六/英 - ポール・フリーズ
名前の由来は、岩+ROCK。戦闘時に、関敬六の持ちギャグである「ムッシュムラムラ!」と叫ぶ。
悪魔博士(Dr. Doom)
声 - 南利明/英 - ジョセフ・シローラ
ゴームズ達の宿敵。南利明の芸風そのままに名古屋弁をしゃべる。本名はアクマ・ユメノアールで、由来は「夢のある」。
テッカーメン(Galactus)
声コロムビア・トップ/英 - テッド・キャシディ
名前は「鉄仮面」に由来する。宇宙征服を企む悪。惑星のエネルギーを吸収して生きている。
デッカチー(Watcher)
声坊屋三郎/英 - ポール・フリーズ
名前は「頭でっかち」に由来する。時々現われ、ゴームズ達を援助する宇宙の大科学者。
シルバーサーフィン(Silver Surfer)
声/英 - ヴィク・ペリン
名前は「サーフィン」に由来する。本作の中では、珍しく原語に近い。
スーパーバット(Super skrul)
デコボコ星人が作り出したロボット。

外部リンク[]

テンプレート:前後番組

The New Fantastic Four[]

The New Fantastic Four』は、1978年9月9日から同年12月16日までNBCで放送されたテレビアニメシリーズ。全13話。本作にはヒューマン・トーチが登場しない。

キャスト

ミスター・ファンタスティック
- マイク・ロード
インヴィジブル・ウーマン
声 - ジニー・タイラー
ザ・シング
声 - テッド・キャシディ
ハービー
声 - フランク・ウェルカー
ドクター・ドゥーム
声 - ジョン・スティーブン
ナレーター
声 - ディック・タフェルド

ファンタスティック・フォー[]

ファンタスティック・フォー』(Fantastic Four: The Animated Series)は、1994年から1996年にかけてアメリカで放送されたテレビアニメシリーズ。全26話。第1期と第2期では、オープニング・サブタイトルなどに違いがあり、特にオープニングの差異は大きい(第1期は主題歌が採用されている)。 日本では、2006年11月よりトゥーン・ディズニーのJETIXで放送された。日本語版ではオープニングが日本語で歌われている。

キャスト

ミスター・ファンタスティック
声 - 佐久田修/英 - ボー・イーヴァー
インヴィジブル・ウーマン
声 - 加納千秋/英 - ローリー・アラン
ヒューマン・トーチ
声 - 武藤正史/英 - ブライアン・オースティン・グリーン→クイントン・フリン
ザ・シング
声 - 楠見尚己/英 - チャック・マッキャン
シルバーサーファー
声/英 - ロビン・サックス→エドワード・アルバート
ブラック・パンサー
声/英 - キース・デイヴィッド
アリシア・マスターズ
声/英 - パウロ・アルチュール・ロマス
ドクター・ドゥーム
声 - 江川大輔/英 - ジョン・ヴァーノン→ニール・ロス
宇宙魔神ギャラクタス
声/英 - トニー・ジェイ

日本語版制作スタッフ

  • 翻訳:小西恵
  • 演出:依田孝利
  • 音楽演出:市之瀬洋一
  • 録音制作:東北新社

テンプレート:節stub

Fantastic Four: World's Greatest Heroes[]

Fantastic Four: World's Greatest Heroes』は、2006年9月から2007年10月2日までアメリカのカートゥーン ネットワークで放送されたテレビアニメ。アメリカ・カナダ・フランスの共同制作。全26話。

キャスト

ミスター・ファンタスティック
声 - ヒロ・カナガワ
インヴィジブル・ウーマン
声 - ララ・ギルクリスト
ヒューマン・トーチ
声 - クリストファー・ジャコット
ザ・シング
声 - ブライアン・ドブソン
ハービー
声 - サムエル・ビンセント
アリシア・マスターズ
声 - スニー・タプラサド
ドクター・ドゥーム
声 - ポール・ドブソン
アニヒラス
声 - スコット・マクニール
ウィリー・ランプキン
声 - コリン・マードック

ゲストヒーロー

ブルース・バナー/ハルク
声 - アンドリュー・カヴァダス/マーク・ギボン
アイアンマン
声 - デビッド・ケイ

スタッフ

  • アニメーション制作 - ムーンスクープ

映画[]

  • ザ・ファンタスティック・フォー(1994年)
    劇場未公開で、ビデオも発売されなかった低予算映画。総時間は90分。プロデューサーはロジャー・コーマン。
  • ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]
    2005年に実写映画として公開。20世紀フォックス提供。上映時間110分。製作費1億ドル。
    日本公開の際には「フォー」と叫ぶネタで当時人気だったレイザーラモンHGが宣伝を担当した。また、日本語版のエンディングはORANGE RANGEが担当し、劇中の曲とリミックスしたバージョンの「KIRIKIRIMAI」を楽曲提供した。
  • ファンタスティック・フォー:銀河の危機
    2005年の映画の続編として2007年に公開。20世紀フォックス提供。上映時間92分。製作費1億3000万ドル。

ゲーム[]

日本国内発売タイトル[]

カプコンの対戦格闘ゲームのマーベルが関連したVS.シリーズに、Dr.ドゥームが参戦し、『MARVEL VS. CAPCOM 3 』ではスーパースクラルが参戦する。

  • 『MARVEL SUPER HEROES』
中ボスとして登場。隠しコマンドを使うと、プレイヤーキャラとして使用できる。このときは、キャラ名が「ドクター・ドーム」になっていた。
  • 『MARVEL VS. CAPCOM 2 NEW AGE OF HEROES』
  • 『MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds』
Dr.ドゥームが前作に引き続き登場し、新たにスーパースクラルが参戦する。また、ギャラクタスがボスキャラクターとして登場している。

アクティビジョンから発売されたアクションRPGマーベル・コミックのクロスオーバー作品、日本語版ローカライズはインターチャネルがおこなっている。なお、日本語版はPS3とWii版のみ発売。

  • 『MARVEL: ULTIMATE ALLIANCE』
プレイヤーキャラクターとしてMR.ファンタスティック、インビシブル・ウーマン、ヒューマン・トーチ、ザ・シング、シルバーサーファー、DR.ドゥーム(Xbox 360版のみ使用可能)が登場

アクレイムから1997年に発売されたプレイステーション用ソフト。横スクロールのベルトスクロールアクションゲームで、日本でもアクレイムジャパンから発売された。

日本版未発売タイトル[]

主要作品[]

クロスオーバー作品[]

関連事項[]

  • ミスター・インクレディブル
  • 邦題を複数持つ作品一覧

テンプレート:Marvel テンプレート:リダイレクトの所属カテゴリ

Advertisement